葬儀後に行う法要の基礎知識

葬儀後に行う法要の意味合いと基本的な流れ

葬儀後に行う法要の意味合いと基本的な流れ 大切な人との別れは辛いものですが、いずれは誰しもがそのときを迎えます。故人に安心して眠ってもらうため、きちんとした葬儀と法要で送り出せるように一連の意味合いと流れを知っておきましょう。葬儀には解釈の仕方が二通りあります。お葬式自体を葬儀と呼ぶケースと、亡くなってからのお通夜やお葬式を経た火葬までを含めて葬儀と呼ぶケースです。どちらを差すかはケースバイケースのため、案内時のニュアンスで判断する必要があります。混同を避けるため、一般的にはお通夜の翌日に行われる儀式をお葬式、火葬を含めた一連の儀式を葬儀と呼ぶ場合が多く見受けられます。

仏教の教えでは、死者の魂は四十九日の間成仏できずにさまようとされます。そのため、故人が無事に極楽へ行けるように読経をしたり斎戒をしたりと、遺族は死者のために追善供養を行う必要があります。この供養が法要と呼ばれます。仏教の中でも真言宗や浄土真宗など宗派によって多少違いはあり、仏教以外に神式やキリスト教でも方法が異なります。しかし、故人を供養するという意味合いは同じです。

故人が逝去してからの49日間は中陰と呼ばれ、この期間中に葬儀と初七日があります。現在では、初七日は葬儀当日に済ませるのが一般的になっていますが、当日に行わなかった場合は7日目に親族が集まって法要を行います。本来であれば、初七日から四十九日まで7日ごとに法要がありますが、近年は省略されることも多く、四十九日が最初の大きな法要になるケースが一般的です。この日を境に故人の魂は成仏し、忌明けとなります。忌明け後は、1年目に一周忌、2年目に三周忌、その後は6年目の七回忌、12年目の十三回忌、16年目の十七回忌と続きます。これらは年忌法要と呼ばれます。

法要当日の基本的な流れとしては、僧侶の読経に続いて参列者の焼香があり、その後にお墓参りをするようになります。終了後はお清めなどと呼ばれる精進落としの料理を振る舞う席が設けられ、喪主による挨拶の後に会食をします。法要に招かれた場合は、一緒に供養してほしいという遺族の意向を汲み、できる限り出席するのがマナーです。供物料として現金を包むのが一般的で、額の目安は香典の半額以下とされます。状況にもよりますが1万円が無難でしょう。初七日では喪服を着用しますが、それ以降は地味な平服でも問題はありません。遺族を励ますように心がけ、一緒に故人を供養することが大切です。

お知らせ