法要でも葬儀と同じようにお返しが必要

葬儀で香典をいただいた方に香典返しをするのと同じく、葬儀後の法要でも、供物や供物料に対してのお返しが必要です。香典返しであればいただいた額の半分を目安にできますが、法要だと当日いただく供物料の額はわかりません。基本的に当日お返しするものですので、あらかじめ2千円から5千円程度の品物を準備しておき、もし高額の供物料をいただいた相手には後日改めて追加でお礼をする、という方法が一般的です。

葬儀とは異なり、法要時のお返しは後に残るものでも問題ないとされています。そのため、お菓子やお茶に限定せずとも、タオルや茶器などさまざまな品から選ぶことができます。法要のお返しは出席者へのお礼の意味合いがあるため、法要当日に行事がすべて終わって出席者を見送る際に渡すようにします。

のしの表書きは志または粗供養で、水引は一周忌までは黒白か双銀の結び切り、三回忌以降は青白か黄白の結び切りが一般的です。しかし、地域や宗派によっても異なるため注意が必要です。

お礼状は特に必要ありませんが、もし法要に出席できなかったにもかかわらず供物や供物料をいただいた方がいれば、後日郵送でお返しを送る際にお礼状を添えておくとスマートです。