葬儀後の法要で振る舞う食事の基礎知識

葬儀後の法要では、喪主が出席者へお斎と呼ばれる食事を振る舞います。これは、出席者への感謝の気持ちを表すとともに、全員で故人を偲ぶという目的があります。

お斎は店で行うか自宅で行うかの二択で、メリットとデメリットをそれぞれ持ち合わせています。店で行う場合は、お斎の準備に時間がかからないことが大きな利点です。店にもよりますが、食事も豊富なメニューから選べるため出席者への配慮にもなります。反面、食事の時間が限られることは押さえておきましょう。自宅で行う場合、準備の手間がかかる点と大勢の出席者に対応が難しいデメリットがありますが、法要後にそのまま移動せずにできるのが大きなメリットと言えます。

食事の内容は、肉や魚をメインとしないよう、精進料理に近いものが望ましいです。自宅で行う際に手作りが難しければ、仕出し料理を注文すれば便利です。その場合は、尾頭付きの鯛など慶事のメニューが入らないよう、法要後の食事であることを伝えておきましょう。

席順にもマナーがあります。僧侶が最も上座に、その隣に喪主が座り、親族以外の出席者を挟んで親族が末席になります。葬儀後の法要で行うお斎は出席者をもてなすことがメインのため、喪主以外の親族は末席に座るのが基本です。