葬儀後の法要におけるお布施のマナー

葬儀や法要時に僧侶へ渡すお布施の存在は知っていても、実際に渡した経験がない人も多いのではないでしょうか。渡すタイミングや渡し方など、お布施の基本的なマナーを知っておきましょう。

葬儀後には故人を供養するための法要が定期的に行われます。合同での法要はお寺に受付が準備されているケースもあり、その場合は受付で渡します。受付がなければ、僧侶に挨拶できるタイミングで同時に渡すようにします。できれば始まる前に挨拶を兼ねて渡すのが望ましいですが、どうしても慌ただしくなりがちなため、時間がとれないようなら終了後にお礼とともに渡しても問題はありません。

僧侶に渡す際には、手渡しではなくお盆にのせて渡すのが一般的です。葬儀であれば葬儀社が準備してくれている場合もあります。もしお盆が用意できないときは、袱紗に包んでも構いません。袱紗をダイヤモンド状に広げ、中央やや右側に封筒を置き、右、下、上、左の順番で包みます。僧侶の前でお布施を袱紗から取り出し、袱紗の上にのせて渡します。

袱紗の色に決まりはありませんが、法要などの弔事であれば、紺色やグレー、紫などシックな色合いが望ましいとされます。タイプも特に決まりはなく、古来よりある四角い形のもの、金封タイプ、爪付き袱紗などから選びます。